会長挨拶

2021-2022年度 仙台西ロータリークラブ

会長 梅宮 隆志

「新たなる時代と調和しよう!」〜安心した未来へ向けて〜

 今年度、歴史と伝統のある仙台西ロータリークラブ第58代会長に就任させていただく事になりました。昨年より収束を見せない新型コロナウィルス感染症は相変わらず猛威を奮っており、ロータリーの例会も行えず活動停止や制限が掛かり会員の皆様も苛立ちを感じているかもしれません。先が見えないこの状況ですが、新たなる時代に対応し笑顔溢れる未来に向けて、会員・諸先輩の皆様のご意見を賜り、仙台西ロータリークラブの更なる歴史作りの為に精進して参ります。一年間、何卒宜しくお願い申し上げます。

 会長方針としましては、ロータリー活動として大切な例会が開催できないこの状況が続くと会員同士の繋がりも薄れてしまい新入会員も道に迷ってしまうと思いますので、他クラブで行っている例会の開催方法などの情報を収集し三役と事務局と相談のうえ、新たなる仙台西ロータリークラブの活動を目指して参りたいと思います。奉仕活動に関しても、このコロナ禍でやれる事を考え相談し、会員の皆様へ発信して参ります。

 2021-2022年度国際ロータリー(RI)のテーマは、「奉仕しようみんなの人生を豊かにするために」です。シェカール・メータ会長は、「私たちには、奉仕し、みんなの人生を豊かにする力と魔法があります」と言っています。

 仙台西ロータリークラブは、これまで様々な出来事や災害を乗り越え周りの人を幸せにしてきました。だからこそ、この困難な状況も必ず乗り越え再び笑顔でロータリー活動ができる日が来ると思います。