会長挨拶

2020-2021年度 仙台西ロータリークラブ

会長 今野 聡也

会長ターゲット「仙台西ロータリークラブの活動発信(見える化計画)」

この度、伝統と歴史のある仙台西ロータリークラブ第57代会長に就任させて頂く事になりました。令和2年3月からはコロナウィルスの影響により、ロータリー活動が停止や延期で会員の皆様もはがゆい思いや悔しい気持ち等、様々に感じていることがあると思います。まだ先が見えない不透明な状況ではありますが、会員・諸先輩の皆様のご指導とご協力を賜りながら、仙台西ロータリークラブの益々の発展の為に精一杯、努力・精進して参りますので1年間どうぞ宜しくお願い致します。

 会長方針ですが、仙台西ロータリークラブの活動内容をメディアやネット(ホームページ作成)を活用し発信していきたいと思います。発信することにより仙台西ロータリークラブの見える化を計り、ロータリー活動の魅力を内外に知っていただこうと思っております。それが今後の会員増強や奉仕活動に繋がる機会ではないかと思います。各部門の委員長(各委員)の皆様に協力を頂き実行していきたいと思います。

 2020-2021年度国際ロータリー(RI)テーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。ホルガー・クナークRI会長は、「ロータリーとは、クラブに入会するというだけでなく、無限の機会への招待です。私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています。」と言っています。

 仙台西ロータリークラブが、その無限の機会への招待や機会の扉を開く一助として、活動を見える化し発信していきたいと思います。